企業評価の向上

社内

従業員エンゲージメントは社員のモチベーションをアップさせ、生産性を挙げることが出来る指導です。また、職務のバランスを最適化する役割もあるので、従業員エンゲージメントにより業務効率をアップさせることが出来るようになります。

詳しく見る

企業の成長のポイント

オフィス

従業員エンゲージメントを高める方法としては、「社員一人ひとりが意見を出しやすい環境づくり」「意見がきちんと反映されるような仕組み」などが考えられます。そしてそれらは業務命令ではなく、自然とそうなるように(社員自身がつくりあげていくように)仕向けていくことが大事なのです。

詳しく見る

エンゲージメントとは

パソコン操作

エンゲージメントのうち、従業員エンゲージメントが注目されています。従業員エンゲージメントには様々なメリットがありますので、今後、取り入れる企業の増加が増えてくるでしょう。エンゲージメントは、ひとりひとりの意識改革に大きくな役割を果たしています。

詳しく見る

会社と社員を育てる精神

パソコン

従業員エンゲージメントは、海外企業ではすでに浸透してきています。会社と社員が相互で結び付き、社員が企業の求める目標を的確に理解したうえで自身が最大限のパフォーマンスができるような貢献意欲を持たせ、会社に強い愛着を持つことができるでしょう。そのため、転職が多い現代社会において、企業成長の重要な要素と言えるものです。

詳しく見る

企業と社員の信頼を構築

握手

従業員エンゲージメントというのは企業と従業員のパートナーシップです。お互いの信頼関係が成り立っていれば業績も上がります。従業員エンゲージメントを高めるには専門の調査機関に委託します。調査機関は全従業員にアンケート調査をして、その結果から信頼関係を構築するプランを立て、それを実行します。

詳しく見る

風通しの良い職場にする

男女

従業員自身が考える

従業員エンゲージメントを社内で高めることが、業績向上につながるということは、すでに周知の事実です。社員一人ひとりが仕事へのモチベーションを高め、最大限のパフォーマンスを発揮できれば、業績が向上していくことは、ある意味では当然のことです。では、従業員エンゲージメントをどのように高めればよいのか。一つは「風通しの良い職場」にすることです。企業は組織です。様々な役割の人がおり、様々なセクションがあります。これが縦割りになると風通しの悪い職場になり、効率が悪くなります。例えば営業職や、小売業であれば現場にいる人は、直に顧客に接します。ですから、自社の製品を購入し満足した顧客とふれあうことができます。この瞬間が、仕事をしている中での喜びの一つです。誰しも役に立てた、必要とされたと実感できることは嬉しいものです。しかし、裏方の総務部門や庶務部門、開発部門などは、こうした顧客と直接接することはあまり多くはありません。縦割りの組織であればなおさらです。ここに「風通しの良い職場」を意識し、営業職や現場の従業員の声を届けるような取り組みを行えば、裏方の仕事をする従業員も、自分たちの仕事が顧客の笑顔につながっていると実感できることになります。それは、従業員エンゲージメントを高めることになります。ただ、この風通しの良い職場づくりは、上司命令だけはあまりうまくいかないものです。ポイントは、従業員自身が風通しの良い職場にするにはどうすればいいかを考えることであり、またそのプロセスを重視することです。そのことが、従業員エンゲージメントを高めることにつながっていくのです。また、業務の効率化を図るためにも様々なシステムをチェックし、自社に適したものを導入することで効率良く仕事をこなしていくことができると考えられます。例えば多くの企業が導入しているシステムの一つにファイル共有システムがあり、容量が大きいファイルの送受信が可能となっています。また、セキュリティ面でも安心して活用することができ、気密性の高いファイルも対応できるため便利だと言えるでしょう。