企業と社員の信頼を構築

握手

アンケート調査を行う

企業にとって重要なのは従業員との信頼関係です。従業員が所属する企業への信頼感があれば、そこに生まれるのが従業員エンゲージメントです。最近は従業員エンゲージメントの重要性が言われるようになり、企業の業績アップにつなげるためにも必要だと考えられています。企業と従業員が相互に信頼し合う関係、そのパートナーシップが従業員エンゲージメントです。従業員エンゲージメントを高めるにはどうしたらよいかというと、専門の調査機関に依頼するのが1番です。どのようにするかというと、調査機関は全従業員に対してアンケート調査を行います。アンケート内容は、会社での仕事に満足しているか、仕事に対するモチベーションはあるか、といったものになります。このアンケート調査によって、従業員エンゲージメントの高さが判定できるのです。従業員エンゲージメントが低い場合は、アンケート結果からその原因を割り出します。それを会社経営者に伝えて従業員と企業のパートナーシップを改善するプランニングを行います。例えば企業の行っている事業がどのくらい社会貢献しているかなどを再教育するのです。自分の所属している会社が社会のためになっていることを知れば、従業員エンゲージメントは高まります。仕事に向かう時のモチベーションも上がります。このような流れで従業員エンゲージメントを高めていけば、従業員は自社製品にプライドを持つようになり、それが顧客にも伝わって好循環を生み出すのです。