会社と社員を育てる精神

パソコン

会社と社員を育てる精神

従業員エンゲージメントは、日本ではまだあまり浸透していない言葉です。しかし、海外では浸透しており、主流となっている会社と社員が相互で強く結び付き、貢献意欲を高めようという気持ちのことを指します。従業員の満足度のように社員が感じる居心地の良さ、つまり人間関係などの労働環境や福利厚生などの充実といったものとは異なるので、覚えておきましょう。従業員エンゲージメントとは、社員一人一人が会社が向かうべき目標や到達点を適切に理解し、その中で自身が最大限の貢献ができる場所やスキルを評価し、それを会社と的確に連携させてパフォーマンスの向上を図るのが目的となります。従業員エンゲージメントを利用することによって社員の能力を引き延ばすことにも繋がり、結果として会社全体の成長へと進んでいくことになります。このような流れを構築することにより、会社と社員との信頼関係を強めていくのです。また、近年の能力評価型の雇用に柔軟に対応することで優秀な社員の外部の流出を防ぎかつ、逆に外から有能な人材を呼び込むきっかけとするわけです。さらに、年収などの待遇面での評価とは別物で、あくまで会社と社員の信頼関係を重んじたもので、エンゲージという婚約など、約束事のなかでも愛着や関係性を示す言葉を使用しているのもその辺の背景から来ています。従業員エンゲージメントが高まると社員の労働意欲、士気が高まっていくので、それがリーダーシップの能力、品質やサービス向上に結び付き、最終的に企業の成長へと繋がっていきます。そのため、転職の多い現代においては企業はいち早く取り組むべき動きと言えるでしょう。